すべては飼い主とペットの幸せのために・・・ 犬 猫 フェレット ハムスターを専門で診察しています
千葉県船橋市宮本のくわじま動物病院 駐車場完備

千葉県船橋市宮本のくわじま動物病院

  • ホームへ
  • お問い合わせへ

電話番号

最新情報

3/15(金)午後の診療時間変更

3月15日(金)の午後の診療は

院長、会議に出席のため17時〜の診療とさせていただきます。

午前休診のお知らせ

⭐4月11日(木)

⭐4月22日(月)は、狂犬病集合注射のため午前休診、午後は4時〜通常診療とさせていただきます。

※雨天時は延期となりますので、お電話にてご確認ください。

秋の健康診断キャンペーン

こんにちは!

涼しいを通り越して寒い日が続いてますね😷

みなさん体調崩されてないですか?

 

 

今日は猫ちゃんの健康診断キャンペーンのお知らせです🐾

定期的な検査で猫ちゃんの変化に気付いてあげましょう!!

 

 

検査をご希望の方は診察前に受付にお声掛けください(^^)

 

 

 

 

 

まつこもそろそろ検査かな、、、( ̄ー ̄)

無麻酔歯石除去について

 最近、無麻酔下での歯石除去がペットショップ内で行われ、

 それに伴うトラブルの相談が増えています。

 

 そもそも、動物に無麻酔で歯石除去をするとき、どのように処置するか

 ご存知ですか?

 

 動物を強制的な保定で押さえ込み、

 金属製のスケーラーで歯の表面のエナメル質を削りながら、

 歯石をとることです。

 

 動物病院では、なぜ麻酔下で歯石除去をするのか、いくつか理由があります。

 

 1.単純に痛みを与えたくないから 
  全身麻酔と局所ブロック麻酔を組み合わせ、痛みをコントロールできます。

 

 2.出血をコントロールするため
  無麻酔下での処置では、

  除去した歯石の一部や、出血に伴う血液成分が

  気管に入り込み誤嚥が生じます。

  また歯石除去後の歯の状態によっては、抜歯処置が必要なことがあります。

  当然、出血を伴いますので、止血処置をするため

  麻酔下でないと処置の仕様がありません。

 

千葉県獣医師会の調査では、
 1.心臓や肺などの循環器不全の動物を無理に保定し、

  無麻酔下歯石処置後に急性肺障害で亡くなった犬のケース

 

 2.歯石(細菌と歯垢の塊)を除去したことにより、

  敗血症(細菌の毒素等が、血液に侵入しショック状態になること)を

  併発したケースがありました。

 

 このようなことは、適切な処置や抗生剤を含めた対症療法で、回避できます。

 

 ペットショップやペットサロンで、無麻酔歯石を勧められても、

 高いリスクを伴いますので、獣医師に相談してください。

保護猫祭り!

PAGETOP